貯水槽の劣化診断 | 貯水槽の修理、補修の事なら、すべての貯水槽メーカーに対応できるウォーターウェイにお任せ

04-7128-9651受付時間 8:00~21:00 土日もOK

04-7128-9651

貯水槽の劣化診断

該当する項目があったらすぐにご相談を

貯水槽の劣化状況を知りたいという方は以下のチェックシートをご利用ください。
水槽の種類別に、劣化のサインとなる症状を記載しています。1つでも当てはまるものがあるなら、修理・メンテナンスのご検討をおすすめします。

FRP水槽

  • 内外部、補強部材の腐食
  • ボルトの腐食
  • 架台の腐食
  • マンホールハッチの破損
  • 藻の発生
  • 地震による緩み、たわみ

コンクリート水槽

  • ヒビ割れ
  • 中性化
  • マンホールハッチの腐食
  • タラップの腐食
  • コンクリート基礎の傾き

ステンレス水槽

  • 気相部の腐食
  • 孔食

貯水槽の劣化を放置すると……

貯水槽の劣化を放置すると長持ちしないことはもちろん(※)、水質の安全性にも懸念が出てきます。
なかには劣化を放置してしまったためにO157をはじめとする病原菌が発生してしまったという事例も。
また点検を実施しないことで動物の死骸に気づかずに長期間放置してしまったという事例も報告されています。
貯水槽を長持ちさせるためにも、水質の安全性を保つためにも。貯水槽の劣化を放置しないことが大切です。

※きちんと点検・メンテナンスを行った場合は事後保全のみの1.5~2倍長持ちする ということが統計により証明されています