定期的な点検・メンテナンス | 貯水槽の修理、補修の事なら、すべての貯水槽メーカーに対応できるウォーターウェイにお任せ

04-7128-9651受付時間 8:00~21:00 土日もOK

04-7128-9651

定期的な点検・メンテナンス

  • ホーム
  • 定期的な点検・メンテナンス

貯水槽の寿命を延ばしてくれる定期的な点検・メンテナンス

貯水槽を長持ちさせるためには、定期的な点検・メンテナンスが欠かせません。
事後保全(点検・メンテナンスをせず故障後に修理をすること)のみの場合、耐用年数まで持たないこともあります。
きちんと点検・メンテナンスを行った場合は事後保全のみの1.5~2倍長持ちするということが統計により証明されています。

給排水・衛生設備の一般的な耐用年数

給排水・衛生設備の一般的な耐用年数をご紹介します。給排水・衛生設備を長持ちさせるためにも、定期的な点検・メンテナンスが欠かせません。

設備機器 一般的
耐用年数
メンテナンス周期
貯水槽 FRP製 15~20年 架台を含む鉄部塗装 3~5年
外板塗装 10~12年
鉄筋コンクリート製
(地下式)
30~50年 内部補修 5~10年
内部コーティング 5~10年
高置水槽 FRP製 15~20年 貯水槽に準ずる
ポンプ 給水
揚水
消火
陸上型 15~20年 オーバーホール 5年
更新時には運転・制御機器も含む
水中型 8~12年 更新
汚水 水中型 5~8年 更新(点検・整備3~5年)
排水   8~10年 更新(点検・整備3~5年)
配管類 給水
排水
消火
亜鉛めっき鋼管 10~20年 劣化箇所の部分補修 5~10年
管更生を行う場合は10~15年
給水
排水
塩ビライニング鋼管 20~25年 劣化箇所の部分補修 5~10年
給水
排水
硬質塩化ビニール管 15~30年
(設置場所により異なる)
同上
外部(雨水管など)配管は塗装10~12年
振動などによる故障(都度)
給水 ポリエチレン管 15~30年 劣化箇所の部分補修 5~10年
排水 コーティング鋼管 20~25年 同上
給湯 銅管 15~20年 同上
汚水 鋳鉄管 25~30年 同上
衛生
器具
陶製 便器、洗面台、流し、
タンクなど
20~40年 通常清掃
FRP製 ユニットバス・トイレ、
洗面具など
15~20年 同上
ほうろう製 浴槽、台所器材など 20~30年
(使用状況により異なる)
水洗パッキンなどは5年周期で取り替えたほうがよい
ほうろうの剥離に注意
ステンレス製 浴槽、台所器材など 20年 通常清掃

※旧形式の貯水槽の場合、更新時などには耐震や衛生環境などの観点から改善が必要になります

きちんと点検・メンテナンスをしていますか?

安全な水を提供するため、貯水槽を良好な状態に維持するため、以下の期間での水質検査や清掃が求められます。
もし点検・メンテナンスを実施していないようなら、早めの実施をおすすめします。

※10m3以上の貯水槽は1年に1回以上の清掃が義務づけられています。

ウォーターウェイの点検・メンテナンス

ポンプ・ユニットなど機器類点検

各機器の作動値を測定し、正常に動作するかどうかをチェック。機器の消耗や破損などの早期発見をするためには欠かせない工程です。

給水ポンプのオーバーホール

全体交換が不要と判断された機器については修理で対応します。倒産した佐山製作所を含む全メーカーに対応していますので、ご安心ください。

定水位弁の調整

定水位弁が正常に動作しないと貯水槽としての適切な役割を果たせません。形式や水量などを考慮し、必要な調整・修理を行います。